home > スタッフのひとりごと

これからの季節「赤沢美林」が綺麗ですよ〜♪

こんにちは
アシスタントのタナカマミです!

mountain
9月4日〜11日、夏休みを頂き、地元長野県に帰省しました。
私の住む町は長野県の南西部に位置する木曽郡上松町。
中央アルプス最高峰と言われる木曽駒ヶ岳に見守られ、ヒノキが有名な自然豊かな町です。

ちなみに写真の左側に見えるのが駒ヶ岳。その隣が風越山。
どちらも登山にお勧めです!ただ、物凄くハードかもしれません。(笑)

そんな上松町、9月の第一週の木曜日から日曜の深夜にかけてお祭りがありました。
一日目は上松駅から徒歩10分ほどの場所にある若宮八幡宮にて上若連(かみわかれん)の
皆さんによる芸ざらい!

mens
白波五人男「問われて名乗るのもおこましいが―…」
日本駄右衛門を始め五人の悪党が勢揃い!私は右から二番目の弁天小僧がお気に入りです。

young


actor
他にも兄弟命をかけて親の仇討ちをする物語「曽我兄弟」や「八百屋お七」「中臣蔵三段目」
「だんまり」等々、演題は全部で8つ。どれもとても面白くちびっこからお年寄りまで釘付けです。


二日目は小学校の上にある諏訪神社から神さまをお迎えにいって八幡様に帰ります。

event


follow
いい具合に御神楽を追いかけていたんですが、同級生と遭遇してそのままプチ同窓会をしました。

friend
いくつになっても騒げる仲間がいるっていいですよね〜


最終日の三日目は各家庭に獅子がまわり悪魔払いをしてくれます。

sisi
ちびっこは決まって泣きじゃくり、「もう大人だ!こわくない!!」と自分に言い聞かせながらも、
私もちびっこと一緒にびくびくしておりました。
中に誰が入ってると知りながらも、いくつになってもお獅子は恐ろしいです。
中学のときに獅子舞い体験したのになあ。(笑)

そんなこんなで日が暮れた頃には若宮八幡宮で一泊二日した神様を諏訪神社に送ります。

last

この儀式は深夜2時まで行われるのですが、一番最後、神様をおさめる瞬間は本当に感動しました。見えない神さまに氏子、上若連のみなさま、観客が頭をさげ、御神楽を担ぎ上げ振り向かず黙ったまま八幡様に帰ります。18年間もこの町に育ててもらっておきながら400年以上の歴史をもつお祭りを初めて最初から最後まで見て、改めて伝統の素晴らしさを感じた三日間でした。


残りの夏休みも開田高原にいったり(開田のソフトクリームかなりおすすめです!) 、おそばを食べたり、
五平餅を食べたりお散歩したり…ほぼ食べてばっかりでしたが長野を満喫した夏休みでした。

よくお店でお話ししていると、長野へ行かれるお客様が多くいらっしゃいます。
軽井沢、蓼科、松本、安曇野…どこもとても良い地域で、す、が…
是非一度、木曽へ!上松町へ!遊びに来てみてはいかがでしょうか!
これからの季節「赤沢美林」寝覚めの床などから見える紅葉が綺麗ですよ〜♪


RSS Feed  Tags:
Posted on 2012-09-23 | Posted in スタッフのひとりごと | Comments Closed

Related Posts